ライフハック

あなたも狙われるかもしれない! 絶滅危惧種の世界に潜む闇ビジネス   

希少動物を狙う闇ビジネス

今、世界で絶滅が危ぶまれている野生生物の数は、2万5000種以上いると言われています。

例えば、高い値段で取引されている「フロリダハコガメ」は、1匹30~40万円するんだそう。

こういった希少動物が違法に売り買いされているためその数が減少し、絶滅の危機が迫っているのです。

 

 

希少動物を欲しがる人の特徴

希少動物を欲しがる人の多くは、動物が好きすぎるあまり、所有欲を抑えきれず輸入が禁じられた希少動物に手を出す人が多いんだそう。

ある社長さんの家では、中央アジアやヒマラヤ山脈に生息する全世界で4千頭しかいない「ユキヒョウ」の赤ちゃんを裏ルートで数百万で入手したという話も。

 

 

レアな動物ばかりを扱っている集団の密輸手口

日本国内には希少な動物ばかりを扱っている「闇ブローカー集団」が存在し、海外から希少動物の密輸を行っています。

その方法は空輸ではなく、海運による大量のコンテナ輸送。

薬で眠らせた希少動物をコンテナに紛れさせて密輸しているのだとか。

 

 

密輸には大手会社が関わっている!

密輸には、誰もが聞いた事あるような大手の運送会社で海外とのパイプが太いところが手引きをしているのだとか。

大手の運送会社には積み重ねた信用があるので、検閲も入りづらいようです。

国内で手に入るはずのない希少動物が出回っているのは、こうした闇ブローカー集団が組織的な密輸方法を行っているからなのです。

 

 

観光客も危ない!個人的な密輸手口

私たちのような個人の間でも、海外旅行に行った時など、希少動物の密輸を持ちかけられるケースがよくあるそうです。

カンボジア・プノンペン郊外では「スローロリス」というサルの赤ちゃんの密輸を持ちかけられるのだとか。

絶滅危惧種のため、現在は日本に輸入できず中には100万円近くで取り引きされるものもあります。

その手口は、ペットボトルを使った輸送。ペットボトルを薄く加工し、この中に薬で眠らせたサルを入れ、乾燥を防ぐために湿らせた脱脂綿を巻いてポケットに入れて運べば、金属探知機やX線にも引っかからないため簡単に持ち運べるというもの。

現地の闇組織の人間が、闇ブローカーとの取り引きがある東京板橋区の「とあるペットショップ」でなら高く売れることまで吹き込まれるのだとか。

 

関連記事

  1. ライフハック

    商店街にあるあのお店が潰れない理由、経済事情に関するまとめ

    商店街を歩いていると、お客さんが入っていないのに潰れないお店をよく見か…

  2. ライフハック

    指の長さから分かる心理! 浮気性の指・お金持ちになれる指とは?

    指や手は、東洋医学で「第2の脳」と言われるほどで、指を見ればその人の性…

  3. 生活

    冷凍保存した料理を食べて食中毒がおきてしまう理由とは

    ついついおかずを作りすぎて、食べられない分をタッパーに入れて冷凍保存し…

  4. ライフハック

    人間の記憶は簡単に書き換えられる 記憶に関する雑学まとめ

    最近では、記憶に関する発見が相次いでいます。研究によると、人間…

  5. マネー

    ハーバード大学が絶賛する日本のビジネス

    世界の頭脳ともいわれている「ハーバード大学」。そんなハーバード…

  6. ライフハック

    政治家も利用!自分の好感度を上げるためのイメージ戦略のコツ

    一流の人たちは例外なく、一流の魅せ方を実践しています。政治家も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 生活

    冷凍保存した料理を食べて食中毒がおきてしまう理由とは
  2. ライフハック

    植物の神秘 植物のタネから学ぶ雑学・豆知識
  3. 番組紹介

    ラーメン、うどん、ハンバーグ…今ちゃんの実は…で紹介された京都平安神宮付近のグル…
  4. 歴史

    大阪のお寺、神社にまつわる不思議な歴史7つまとめ
  5. 番組紹介

    日本人が意外と知らない 世界が注目する浮世絵の魅力とは?
PAGE TOP